症例報告 手足の冷えとこわばり

指宿市 60代 男性

手足の冷えが強い、特に10月~3月にかけてつらい。

朝に両手指のこわばりがあり、血が通わない感じがする。

とにかく体が冷えきっています。血液循環もかなり悪そうなので、まずは循環改善を目指しました。

こわばりは関節の機能異常が考えられ、仙腸関節を中心に調整しました。

仙腸関節の図

 

仙腸関節は骨盤にある仙骨と腸骨をつなぐ関節で、通常は2ミリ程度しか動きませんが、このわずかな不具合が腰や下半身、首や腕まで不調をもたらす事があります。

 

施術内容は

仙腸関節のAKA治療

手足の「はがし」

三井温熱療法

この3つを中心に施術していきました。

仙腸関節のAKAとは、上の図の仙腸関節を微妙に動かして不具合を解消させる施術です。

色々な症状の施術に有効です。

その後、前にもこのブログで紹介した「はがし」、いわゆる筋膜リリースを行いました。

そして、とにかく冷えきっている身体なので、徹底的に三井温熱療法を行いました。

 

施術前は手指が白く、あまり血が通っていないような感じでしたが、施術後はかなり血色が良くなりました。

1月23日初診で、28日、2月3日、8日と施術して体調も良く、仕事にも集中出来ているようです。

冷えは体の色々な部分に悪影響を及ぼします。

体を温めて体調を整えましょう。

 

冷え性について詳しくはこちら

冷え性