自律神経失調症

あなたはこのような症状でお悩みではありませんか

  • 病院では異常がないと言われたけど不調
  • 寝つきが悪く朝はなかなか起きられない
  • イライラしたり気分の落ち込みがある
  • 体がだるくやる気が出ない
  • 冷えやのぼせがある
  • 胃腸の調子が悪く便秘がち
  • 気圧の変化で体調が悪くなる

どれか1つでも当てはまる方は

そのお悩み、一緒に解決しませんか
当院がお悩みの改善のお手伝いをします

自律神経失調症とは

「自律神経失調症」でお悩みの方は非常に多いです。
では、この自律神経失調症とは何なのでしょうか?

「自律神経のバランスが乱れることによって、心と体の様々な症状が出ること」と実にあいまいな定義がなされています。

不眠、冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、便秘、だるさ、イライラ、やる気が出ない、めまい、高血圧、低血圧などなど様々症状が出ます。

それらの症状は、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れて起こります。

自律神経の働きを良くするには、この交感神経と副交感神経を調和させなければいけません。

交感神経と副交感神経

自律神経バランス図

交感神経は活動時、副交感神経は休息時に働く神経です。
この交感神経、副交感神経のバランスが乱れると、様々な症状が出てきます。

例えば、夜に働く副交感神経の働きが弱く、交感神経が過剰に働いたら不眠が起こります。
逆だとだるい、やる気が出ないなどの状態になります。

このように交感神経、副交感神経の切り替えがうまくいかない状態の時、また常にどちらかが優位に働いている状態の時が、いわゆる自律神経失調症の状態です。

自律神経の調整は温熱療法が最適

三井温熱器で自律神経の揺り起こし

三井温熱療法

自律神経のバランスを整えるには揺さぶりが大切です。

熱い刺激と気持ちのいい刺激。
この相反する刺激を交互に身体に与えることによって、交感神経と副交感神経を交互に誘い出します。

熱いのが交感神経で、気持ちいいのが副交感神経です。

自律神経は、この交感神経と副交感神経が必要に応じてスイッチを切り替えることによって、体温調節、内臓や血管、免疫機能などの機能に大きく関与します。

熱さと気持ちよさを交互に繰り返すことによって、環境の変化に対応させるように自律神経を揺り起こします。

いわゆる「自律神経のリハビリ」です。

三井温熱療法詳しくはこちら

自律神経に効果的な熱の入れ方

温熱を入れるポイント

自律神経管は頸椎から仙骨までの背骨付近から出ていますので、メインは背骨の上に熱を入れます。

左の図が自律神経の温熱で熱を入れるポイントです。

背骨の上に丁寧に注熱していきます。

特に重点的に熱を入れるのが、赤い部分の背骨上部仙骨です。

背骨の上部は交感神経に活を入れる為にアチチを繰り返し、仙骨はとにかく気持ちいいくらいの熱刺激を入れてあげるのが、自律神経の調整の為の温熱では効果的です。

お灸でも自律神経の調整が出来ます

背中の温灸

背骨の横に温灸をしても、自律神経の揺さぶりが出来ます。

お灸の場合はカーっと熱くなった時が交感神経の刺激、それがだんだん収まってきて、余韻が気持ちいい時が副交感神経の刺激です。

温熱器のように自在に熱さを操ることは出来ませんが、背骨の横には内臓に関するツボがたくさん並んでいるので、そちらの調整にもなります。

なぜ温熱療法で自律神経が整うのか

体を温める療法と高温熱刺激療法の違い

背骨への温熱療法

一般的に温熱療法といえば、体を温めることでとても気持ちがいいです。

心地よい温熱刺激は副交感神経が優位に働きます。
副交感神経が優位になることで、血流が良くなり、胃腸の働きも良くなり、肩や腰もほぐれてきます。

これだけでもひとつの治療法と言えます。

三井温熱器

気持ちのいい温熱療法は、温泉療養やマッサージを受けたのと同様の効果があります。

また三井温熱療法では、施術者の手と温熱器が一体となり、指圧とお灸の同時効果もあります。

しかし、三井温熱療法の本当の目的はただ温めるだけではありません。

三井温熱療法

温熱療法で背中をサラッと流していけば、最高の気持ちよさが出て、副交感神経が優位に働くので、痛みやコリの強い人にとても効果的です。

これで終われば、気持ちよくリラックス出来てコリも取れるでしょう。

しかし、自律神経失調症の方はこれだけでは不十分です

気持ちのいい刺激の合間に、時々背骨やその周囲に高温熱刺激を入れて、交感神経を刺激してあげなければいけません。

この交感神経の揺さぶりにより、副交感神経とのバランスがとれて健康が保てます。

施術料金

■初診料 1,000円

LINEクーポン提示で初診料無料!
※その場で登録もOKです

三井温熱療法

三井温熱療法

三井温熱療法 50分
施術料金 3,000円

三井温熱療法の基本の背中への温熱を中心に、あなたのお悩みに応じて全身に注熱します。

「自己治癒力を向上させたい」「自律神経に悩んでいる」「体温を上げて免疫力を高めたい」「冷え性、不眠がつらい」などでお困りの方や、温熱療法に興味があったけどどこへ行っていいか分からなかった方などは、ぜひ「温活体験」してみてください。

総合施術

総合施術

施術料 3,000円

指圧、はり、温熱療法、操体法などの治療法の中から、一人ひとりの症状やご希望に合わせ選択または組み合わせて、最善の施術をおこないます。総合治療ですので、追加等はありません。

施術時間  約45~60分

時間制ではありません。
一人ひとりの症状、体格などで若干違ってきますが、約45~60分みてください。初診の場合は問診、検査などを詳しく行いますので、約70~80分みてください。

電話をかける

LINEで予約

友達追加特典として初診料1,000円無料クーポンを配信しています

当院の3つの特徴

国家資格者による温熱療法

三井温熱療法師認定証

院長は三井温熱療法協会より認定を受けた、公認の「温熱療法師」です。

厚生労働省認可の鍼灸師の国家資格も保持しており、施術のプロによる温熱療法を受けることが出来ます。

  • はり師免許証
  • きゅう師免許証

手と温熱器が一体化した施術

手と温熱器が一体化

ただ電気を当てて温めるのではありません。

温熱器と手が一体化して、悪いところを探りながら、圧や熱さを自在にコントロールして的確にお体に熱を入れていきます。

まさに「現代のお灸」ともいえるでしょう。

筋肉のコリにもアプローチ

筋肉のコリに温熱療法

温熱療法と言えば、内臓系や自律神経系のイメージがあるかと思いますが、筋肉のコリや疲れ、関節の動きなどの運動器系にもアプローチします。

温熱器を押し当てる強さを調整したり、関節を動かしながら熱を入れる「温熱整体」などで、筋肉・関節にもアプローチします。

普通の整体やマッサージなどではなかなか取れなかった頑固なコリも、熱刺激でスッと取れたりします。

院長メッセージ

院長写真

自律神経失調症と言っても、定義があいまいでわかりずらいですね。
さもすると精神的なものと思われている方もいるかと思います。

決してそんなことはなく、「交感神経」と「副交感神経」という相反する働きを持つ神経の切り替えがうまくいかなかったり、どちらかが強く働き過ぎることにより体に不具合が起こる事です。

自律神経を整えるには、交感神経、副交感神経を揺り起こしながら双方うまく働くように調整していくことが大切です。

当院は『指宿の方の健康のお手伝いをする』という思いで開院し16年が経ちました。
臨床経験は22年で多くの方の施術をさせて頂き、休日には多くの勉強会やセミナーなどに参加してきました。

これまでの経験と学んできた知識を基に、あなたの症状を改善に導くため、当院は徹底したカウンセリングと検査で原因を特定し、お身体の状態に合った施術を提案させていただきます。

はじめてのところは色々な不安があると思いますが、当院は『じっくり・丁寧』をモットーに施術させて頂いておりますので、安心してご来院ください。

健康堂治療院 院長 向吉祐二