三井温熱療法

熱の力で免疫力を高めて元気な体に!

三井温熱療法とは

三井温熱療法

三井温熱療法とは、身体に熱を入れて全身を温め、新陳代謝を促進して老廃物を除去し、血液やリンパの流れを良くする治療法です。

身体の不調な部分に熱刺激を与え筋肉の緊張を和らげ、自律神経のバランスも整えます。

身体を芯から温める温熱療法は、一人一人に丁寧な熱を加えていき、体温を上昇させて自然治癒力を上げ、免疫力も高めていきます。

あなたはこのような症状でお悩みではありませんか?

  • 免疫力を高めて健康に生活したい
  • 冷え性がつらい
  • 自律神経の調整がしたい
  • 更年期症状に悩んでいる
  • マッサージや整体ではコリがとれない
  • ストレスや不眠に悩んでいる
  • 検査をしても何でもないと言われたけどつらい

どれか1つでも当てはまる方は

そのお悩み、一緒に解決しませんか
当院がお悩みの改善のお手伝いをします

ただ温めるだけでありません

三井温熱器

三井温熱療法は、心地よい温熱マッサージをしながら、コリや病巣のあるところは「アチチ」とをあげてしまうほどの熱さを感じます。

このアチチ反応が出るところを繰り返し注熱していけば血液やリンパの流れが良くなり、老廃物を除去し、筋肉の緊張も和らぎ、痛みも緩和されていきます。

温熱器の熱によって自律神経の刺激も行います。
・交感神経を刺激すると、思わず声が出てします熱さになります。
・副交感神経の刺激は最高の気持ちよさが出ます。

この熱さ、気持ちよさの交互の刺激が、身体の修復力をアップさせていきます。

三井温熱療法「アチチ反応」動画

背中に気持ちよく熱を入れて流しながら、コリの強いところは「アチチ」と反応が出るほど熱さを感じます。

コリがとれるのはもちろん、この気持ちよさと熱さの繰り返しが、交感神経と副交感神経を揺さぶり、自律神経の調整にもなります。

 

三井温熱療法の効能

  • 自律神経を整えることによる諸症状の緩和
  • 血流が良くなり肩や腰のコリ・痛みの改善
  • 免疫力がアップして病気になりにくい身体へ
  • 温めることにより冷えや不眠、ストレスの緩和

皮膚が受容する熱さで病態を把握し、必要な刺激を必要な部位に的確に与えていく、他にはない療法です。

 

※当院に温熱を受けに来られる方の主な症状

肩こり  慢性腰痛  自律神経失調症  冷え性  不眠  便秘  坐骨神経痛  脳梗塞後遺症  顔面神経麻痺  食欲不振  鼻炎 など

 

施術料金

三井温熱療法の施術料金です。
健康堂治療院の通常の施術料金はこちら

■初診料 1,000円
LINEクーポン提示で初診料無料!
※その場で登録もOKです

三井温熱療法

三井温熱療法

三井温熱療法 50分
施術料金 3,000円

三井温熱療法の基本の背中への温熱を中心に、あなたのお悩みに応じて全身に注熱します。

「自己治癒力を向上させたい」「自律神経に悩んでいる」「体温を上げて免疫力を高めたい」「冷え性、不眠がつらい」などでお困りの方や、温熱療法に興味があったけどどこへ行っていいか分からなかった方などは、ぜひ「温活体験」してみてください。

じっくり温熱整体

温熱整体

じっくり温熱整体 70分
施術料金 4,000円

温熱療法にインナーマッスル指圧、操体法などをカスタマイズして、じっくり時間をかけて行います。

しっかりお話をお聞きしたうえで、施術方法・時間配分などはお一人様ごとにオーダーメイドで行います。

「慢性のコリ・疲労が溜まっている」「体のコリと冷えや不眠などを併発している」「とにかくゆっくり施術を味わいたい」方などにおすすめです。

当院は患者様のお悩みの解消を目指す治療院ですが、「気持ちのいい動き・刺激は体にいい」との考えのもと、「快」感覚にこだわっています。

鹿児島では希少な「三井温熱療法」を厚生労働省認可の国家資格者が施術します

当院の3つの特徴

国家資格者による温熱療法

三井温熱療法師認定証

院長は三井温熱療法協会より認定を受けた、公認の「温熱療法師」です。

厚生労働省認可の鍼灸師の国家資格も保持しており、施術のプロによる温熱療法を受けることが出来ます。

  • はり師免許証
  • きゅう師免許証

手と温熱器が一体化した施術

手と温熱器が一体化

ただ電気を当てて温めるのではありません。

温熱器と手が一体化して、悪いところを探りながら、圧や熱さを自在にコントロールして的確にお体に熱を入れていきます。

まさに「現代のお灸」ともいえるでしょう。

筋肉のコリにもアプローチ

筋肉のコリに温熱療法

温熱療法と言えば、内臓系や自律神経系のイメージがあるかと思いますが、筋肉のコリや疲れ、関節の動きなどの運動器系にもアプローチします。

温熱器を押し当てる強さを調整したり、関節を動かしながら熱を入れる「温熱整体」などで、筋肉・関節にもアプローチします。

普通の整体やマッサージなどではなかなか取れなかった頑固なコリも、熱刺激でスッと取れたりします。

部位別の温熱療法

背中への温熱

肩・背中への温熱療法

三井温熱療法の基本の背中への温熱です。

​背中を流す温熱はとても気持ちがいいです。
また、「アチチ反応」も出しやすい場所です。

背中の温熱療法の3大効果

背中の温熱

①内臓の反応点にアプローチ

温熱器で背中に丁寧に注熱していくと、コリや病巣のある部位はとても熱く感じるところがあります。
そこへ繰り返し熱を入れていきます。

②筋肉のコリの改善

温かい温熱マッサージによるリラックス効果、高温熱刺激による血管拡張作用で、血流が良くなりり、筋肉や軟部組織が柔らかくなり、肩こりや慢性の腰痛に効果的です。

 

③自律神経の調整

背骨、背中の筋肉への温熱は、気持ちよく流すと副交感神経が優位に働き、最高のリラックス効果が得られます。
しかし、これだけでは効果が薄く、高温熱刺激で交感神経も揺さぶった方が効果が高いです。
気持ちよさと熱さの繰り返しで、交感神経と副交感神経を揺さぶり、自律神経を調整していきます。

腕・肩への温熱

背中の筋肉イラスト

肩、腕への温熱療法です。
肩こりにとても効果があります。

​指圧と同様に腕を緩めるのは肩こりの治療の基本です。

二の腕にじっくりと熱を入れて、肩、肩甲骨の上、内側に気持ちよく、時には熱く注熱します。

表面を覆う「僧帽筋」、インナーマッスルの「肩甲挙筋」や「菱形筋」を中心に肩こりに関与する筋肉をねらって熱刺激を入れていきます。

​指圧や鍼灸では緩まなかった頑固な肩こりが緩んでくることがあります。

腕への温熱

※五十肩にも有効

五十肩、特に炎症のない慢性に経過した五十肩に、関節を動かしながら​肩関節や腕の筋肉に熱刺激を入れていくと、挙がりの悪かった腕が挙がったり、慢性的に疼いていた腕が改善してきます。

足への温熱

足への温熱

下半身への温熱療法です。
主に膝の裏、太もも後ろ、横、内側、お尻に行います。

​※下半身への温熱療法で効果的な主な症状
慢性腰痛・坐骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症・膝の痛み・冷え性

お尻の温熱

腰痛・坐骨神経痛にはお尻~太ももの温熱が大切です。

太ももの後ろ、横と注熱していきます。腰痛の治療は足を緩めるのは基本です。
腰痛に関係の深いハムストリングスと大腿筋膜張筋に沿って熱を入れます。

坐骨神経の通り道でもあります。

​お尻の筋肉、大殿筋と坐骨神経のポイントの梨状筋には、足を動かしながら熱を入れて緩める「温熱整体」が効果的です。

膝への温熱

膝の痛み、膝の曲げ伸ばしが上手くいかない、屈曲・伸展制限がある方にも温熱療法を行います。

膝の裏、ハムストリングスの腱の部分に温熱器を留め置き、膝の曲げ伸ばし、内側・外側に回しながら膝の動きを改善させていきます。

温熱療法を受ける服装について

腰への温熱療法

基本温熱療法を受ける際は、綿100%のシャツ、ズボンで受けて頂きます。

ご自宅からそのまま着てきて頂いても構いませんし、専用の更衣スペースもありますので、ご持参されてこちらで着替えても構いません。

ヒートテックやスポーツウェアのインナーによくあるような化学繊維のシャツは、熱がこもってしまいますので温熱療法には適しません。
また、背中にプリントのあるTシャツも熱を入れることが出来ません。

お着替えは、当院でもご用意しておりますので、手ぶらでご来院されても大丈夫です。

綿100の上着、ズボン、鍼灸と併用できる背中がマジックテープで開く施術着も揃えています。

  • 綿100%上着
  • 綿100%ズボン
  • 施術着
温熱用施術着

上下セパレートの「温熱整体」に便利な施術着もあります。

こちらも背中がチャックで開きますので、鍼灸にも便利です。

服装は綿100%のものが1枚(もしくは2枚)であれば、ご自分のものでも、こちらでご用意したものでも構いません。

的確に熱が入ることが大切です。

追伸

院長写真

痛みや不調は「冷えたところ(血行不良)」に起こります

三井温熱器で身体全体を温め、不調な部分に熱刺激を与え、筋肉の緊張をゆるめて、自律神経のバランスを整えると、基礎体温も上がり自己治癒力・免疫力の向上に繋がります。

冷えは万病のもと」と言われます。
当院はお体の不調は冷えからきているものと考え、その冷えを緩和することにより、今あるお悩みはもちろん、疲れにくく・病気になりにくい健康な生活を送れるようにお手伝いをさせていただきたいと思っています。

慢性のコリ、冷え、自律神経などでお悩みの方、温熱に興味がある方はお気軽にご相談ください。

健康堂治療院 院長 向吉祐二