理学操体セミナー

9月2日(日)、宮崎で行われた理学操体セミナーに参加してきました。

 

理学操体とは、健康堂治療院でも行っている治療法の操体法の応用です。

 

 

理学操体の創始者、加藤廣直先生が仙台からいらして、直々に施術・指導してくれる貴重な機会でした。

 

指宿を朝6時に出発して、高速を使い片道3時間の移動で宮崎入りしました。

 

 

セミナーは少人数ながら、福岡、熊本、鹿児島から熱心な施術者が集まり、とても集中して勉強することが出来、6時間のセミナーがあっという間に過ぎてしまいました。

 

 
 
画像はセミナーの時のものではないですが、理学操体の手技の一つ「Kポジション」です。
 

 

施術者の右手の抵抗の掛け方と左手の誘導がポイントです。

 

 

 

受け手も今まで味わった事のない感覚で、特に肩こりに、腰痛にも効果があります。

 

 

その他にも、ベッドに腰かけて行う、「Iポジション」や手や足のポイントを「はがす」イメージで緩める操法もあります。

 

 

「はがし」のポイントは、足のスネの骨の際や手の指の間の骨際など、今までマッサージ等では受けた事のない場所です。

とても痛気持ちいいですが、効果もあります。

 

 

理学操体は日頃の施術の中で随所に取り入れていますので、施術を受けられている方は、「ああこれか」と思ってください。

 

 

また、「はがし」はご自分でセルフケアも行えます。

 

ポイントをお教えしますので、ご自宅でも行い、セルフケアにお役立てください。