膝の痛み

膝の痛みを抱える患者さんは指宿にも多いです。

 

慢性的に痛みがあるのか、急性の炎症性の痛みなどそれぞれですが、健康堂治療院の膝痛の治療では、

 

炎症のある場合は、鹿児島の伝統薬「白紅」を使った紅灸を行います。

艾にシロベニを浸し、痛み炎症のあるところに置いていきます。

 

これは鹿児島伝統の技法で、炎症を鎮めるのにとても効果があります。

 

 

 

炎症がなく、慢性に経過している膝の痛みには、温灸を行うことが多いです。

膝周りの循環が良くなり、ピンポイントでツボを狙いやすいのです。

 

関節液が溜まっている時にも、その状況によりますが、お灸で腫れが引くことが多いです。

 

その他、炎症を散らす散針という鍼をしたり、膝のスムーズな動きを補助するように動かす、膝のS字整体を行ったりします。

テーピングが必要な場合は、半月板、靭帯、筋肉のサポートなど状況に応じたキネシオテーピングを行います。

 

 

お悩みの方が多い膝の痛み、加齢による変形性膝関節症が多いですが、その他様々な原因や病態があります。

 

鑑別して、ベストな治療を心がけています。

 

更年期障害について詳しくはこちら

更年期障害

この記事に関する関連記事