症例報告 腰部脊柱管狭窄症

福岡から毎年、指宿へご夫婦で温泉療養に来られている患者様。

 

かれこれ20年位指宿に来られているそうです。

 

健康堂治療院へは平成25年から毎年ご来院頂いています。

年に1回、5日間ほど滞在されていますが、ご夫婦で2回づつ治療に来られています。

 

 

ご主人様 70代 腰部脊柱管狭窄症  

間欠性跛行、大腿部の痛み、しびれ  右膝の痛み(変形性膝関節症)

 

鍼灸、操体法など脊柱管狭窄症の治療原則に沿って施術。大殿筋やハムストリングス、大腿筋膜張筋の緊張を緩める。

 

また、変形性膝関節症や、その時々の随伴症状に応じて治療してきました。

 

治療後は楽になったと喜ばれて帰られていきます。

 

年1回の治療ですが、脊柱管狭窄症の症状は一進一退、5年前とあまり変化していないように感じます。進行していないのでいいのですが。

 

 

今年の4月の治療では、いつもの治療に、温熱療法をやりながら足を動かして、臀部や大腿を緩める「温熱整体」とふくらはぎと足首への筋膜はがし(筋膜リリース)を行いました。

 

いつものように、2日間の施術を終えて帰れられて、また1年後と思っていたら、先日7月の11日と13日にもまたいらっしゃいました。

 

本来は別の場所に旅行に行く予定でしたが、前回の施術後、かなり歩くのが楽になったので、予定を変更して、指宿に来たとの事です。

 

確かに歩き方が前回までとは変わっていました。

 

前回の施術の温熱整体で、筋肉が緩み、熱刺激で神経根症状が緩和したこともあるのでしょうが、患部から離れた場所の筋膜リリースがとても反応がよく、変化が出ていました。

 

根気よく、患者様全体を診て、反応点、治療点を探していくことの大切さを改めて感じました。

 

 

毎年、指宿や健康堂治療院にいらして頂いてありがたく思います。これからもずっといらして頂けるように、一生懸命治療していきます。