温熱を受ける服装について

温熱療法を受ける服装について

腰への温熱療法

基本温熱療法を受ける際は、綿100%のシャツ、ズボンで受けて頂きます。

ご自宅からそのまま着てきて頂いても構いませんし、専用の更衣スペースもありますので、ご持参されてこちらで着替えても構いません。

ヒートテックやスポーツウェアのインナーによくあるような化学繊維のシャツは、熱がこもってしまいますので温熱療法には適しません。
また、背中にプリントのあるTシャツも熱を入れることが出来ません。

お着替えは、当院でもご用意しておりますので、手ぶらでご来院されても大丈夫です。

綿100の上着、ズボン、鍼灸と併用できる背中がマジックテープで開く施術着も揃えています。

  • 綿100%上着
  • 綿100%ズボン
  • 施術着
温熱用施術着

上下セパレートの「温熱整体」に便利な施術着もあります。

こちらも背中がチャックで開きますので、鍼灸にも便利です。

服装は綿100%のものが1枚(もしくは2枚)であれば、ご自分のものでも、こちらでご用意したものでも構いません。

的確に熱が入ることが大切です。