• 健康堂治療院

症例報告 腰痛と股関節の痛み

最終更新: 2020年3月24日


指宿市 50代 女性

介護の仕事をされていますが、以前より腰痛を抱えていて、前かがみなどの姿勢がとてもつらい状況が続いていました。

MRI検査で、右の腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症があると言われているそうで、右足に痛み、シビレもあります。

また、1か月くらい前から、左の股関節に痛みがあり、左の太ももの前のほうがモアっとした感じがあるそうです。

●施術

当然、ヘルニアと狭窄症の影響はあるでしょうが、動作のつらさ、現在の股関節の痛みなどから考えて、「仙腸関節の機能異常」があると思いました。

仙腸関節とは骨盤の仙骨と腸骨の関節で、ほとんど動かない関節ですが(2ミリ程度は動きます)、わずかな歪み、機能異常で腰痛、股関節痛を引き起こします。

腰痛の8割は仙腸関節の歪み、不具合が原因とも言われています。

まずは仙腸関節の調整をしようと考えました。

最初にベッドに座ってもらって、足へいつもの「はがし」を行ってから(はがしについては前回のブログで詳しく書いています)、ベッドに横になって仙腸関節のAKA治療を行いました。

その後は、いつも通り、操体法でバランスをとり、温熱療法で筋肉を緩め、腰、足に鍼治療を行いました。

初回はこれで終了して帰宅してもらいました。

5日後、2回目の来院の際お話を伺ったら、左の股関節の痛みは全くなくなったとのことです。

右足のシビレもあまり感じなくなり、仕事がとても楽になったと言われていました。

まだ、立ったり座ったりの動作、前かがみがつらい等の慢性腰痛はあるようです。

もともと足の循環が良くなく、冷え性もあるようなので、足~腰~背中に温熱で十分に注熱をして、腰回りの筋肉を操体法や鍼で緩める治療を行っています。

ご本人さまはだいぶ楽になられて喜ばれていますが、仕事柄、慢性腰痛を抱えて大変だと思います。

仙腸関節の調整でかなり良くなりましたが、今後は筋肉、関節の動き、循環改善に重きを置いてケアしていきます。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

症例報告 五十肩

指宿市 70代 女性 ※五十肩の症例ですが今回は少し特殊なケースです。 ご来院の2日前に左肩が痛い、挙がらないと予約を入れて頂きました。 以前も他の症状でご来院されている患者様です。 ・9月7日 予約時間に来院 明らかに苦しそう。 左肩が痛いそうです。 しかし、右も痛い、膝関節も痛い、どこの関節も節々痛い、体がだるいとの事。 聞けば昨日から熱があり、今朝計ったら38度7分あったそうです。 夏ですが

症例報告 腰部脊柱管狭窄症

福岡から毎年、指宿へご夫婦で温泉療養に来られている患者様。 かれこれ20年位指宿に来られているそうです。 健康堂治療院へは平成25年から毎年ご来院頂いています。 年に1回、5日間ほど滞在されていますが、ご夫婦で2回づつ治療に来られています。 ご主人様 70代 腰部脊柱管狭窄症 間欠性跛行、大腿部の痛み、しびれ  右膝の痛み(変形性膝関節症) 鍼灸、操体法など脊柱管狭窄症の治療原則に沿って施術。大殿