• 健康堂治療院

温熱療法の効果

最終更新: 3月24日


健康堂治療院で行っている治療法「三井温熱療法」。その温熱療法の効果とは

一般的に温熱療法といえば、身体を温めることで、とても気持ちがいいです。

心地の良い刺激は、副交感神経が優位に働きます。副交感神経が優位になることで、血流が良くなり、胃腸の働きも良くなり、肩や腰のコリもほぐれてきます。

これだけでもひとつの治療法と言えます。

気持ちのいい温熱療法は、温泉療養やマッサージを受けたのと同様の効果があります。また三井温熱療法では、治療者の手と温熱器が一体となり、指圧とお灸の同時効果があり、単なる指圧・マッサージ以上の効果が期待できます。

しかし、三井温熱療法の本当の目的は、ただ温めるだけではありません。

身体に43℃の高温熱刺激を入れることにより、筋肉や細胞にも熱が伝わります。リラックス効果で血流が良くなりコリが楽になるのとは違い、直接筋細胞に熱刺激を入れて緩めます。

自律神経も交感神経と副交感神経系のバランスが大切です。

温熱器で体表を探ると、病巣部やコリの強いところは「アチチ」と声をあげるほどの熱さを感じます。この部分に老廃物などが溜まっています。そこに繰り返し熱を入れていくことで、老廃物などが除去されます。

また、高温熱刺激と心地のいい温かさの繰り返しで、自律神経のバランスを整えます。

「ゆっくりしたい」「眠ってしまうような施術を受けたい」という時もあるでしょう。そのようなときは心地よい温かな刺激の温熱を

長年続く頑固な肩こり・腰痛、不眠、冷え性、その他体の不調、病気でお悩みの方で、改善させたい場合は高温熱刺激の温熱療法と、それぞれの状況や状態で使い分けるといいでしょう。


38回の閲覧

受付時間

午前9:00~12:00

午後2:00~ 6:30

  (土・祝日~5:30)

休診日:日曜日

 

所在地

アクセス

〒891-0405

鹿児島県指宿市湊2-1-41
 

TEL 0993-23-5518