• 健康堂治療院

症例報告 片頭痛

最終更新: 3月24日


30代女性 片頭痛

数年前から、ズキン、ズキンとした痛み。特に左の眼の奥に痛みを感じる。

病院では片頭痛と診断、頭痛薬、漢方薬などを処方してもらう。

痛みは強く感じる時と、あまり感じない時がある。肩こりを強く感じる。左腕にシビレ感あり。左の背中に痛み。

治療

肩こりを強く感じて、左腕にシビレ感もあるので、肩こりの治療を行う。

操体法で緩めてから、関連する筋肉のインナーマッスル指圧、首~肩~背中、頭痛に関連するツボに鍼をしてから温熱療法。

冷えや胃の不快感もあったので、そちらも処理して終了。

首や肩のコリがとれてかなり緩んでいる。頭痛も楽になったような感じとの事。

4日後、2回目の治療

前回治療後、肩こりは楽になったが、頭痛は変わらずに続いているとの事。

このHPの症状別ページの「頭痛」にも書いていますが、片頭痛は緊張型頭痛と違い、頭部への血流が良すぎてズキン、ズキンと起こるもので、肩回りの筋肉が治療によって緩んだら、強く起こることもあります。

とは言っても片頭痛持ちの人は、肩こりもつらい人が多く、肩こりを放置したままなら

循環が悪い→急に良くなりズキンズキン痛むという状態なので、肩こりの処理もしています。

今回は前回の治療でだいぶ緩んでいることもあり、肩こりは緩めずに、ツボ治療を中心に治療することにしました。

そこで、検査をしていた時気になったのが、左の背中です。左の肩甲骨と背骨の間に押せば圧痛があり、頭痛に響く場所がありました。

頭痛のツボ治療をした後、背中全体に温熱療法をしました。

すると圧痛のあった左の背中にアチチ反応が出ました。

アチチ反応が収まるまで繰り返し注熱したら、頭痛も感じなく、左腕のシビレ感も現在無くなっているとの事です。

関連性は色々とあると思いますが、丁寧に反応店を探すことが大切です。そこが治療点になったりします。


47回の閲覧

最新記事

すべて表示

症例報告 五十肩

指宿市 70代 女性 ※五十肩の症例ですが今回は少し特殊なケースです。 ご来院の2日前に左肩が痛い、挙がらないと予約を入れて頂きました。 以前も他の症状でご来院されている患者様です。 ・9月7日 予約時間に来院 明らかに苦しそう。 左肩が痛いそうです。 しかし、右も痛い、膝関節も痛い、どこの関節も節々痛い、体がだるいとの事。 聞けば昨日から熱があり、今朝計ったら38度7分あったそうです。 夏ですが

受付時間

午前9:00~12:00

午後2:00~ 6:30

  (土・祝日~5:30)

休診日:日曜日

 

所在地

アクセス

〒891-0405

鹿児島県指宿市湊2-1-41
 

TEL 0993-23-5518